トキのカブクワ飼育記録

こんにちはトキです

今回はお久しぶりファベールノコギリのお話


確か前の記事で3ペア買う覚悟なんて言っていた気がしますが結果として1ペアと2メス単を購入しました

2022年5月中旬頃にPLANET OF BEETLEさんにて

第一便は謎の人気で即完売で買えませんでしたが二便目で購入できたので状態も悪くなかったと思います

そして購入した生体の画像なのですが




DSC_1411


DSC_1412



なんでこんな写りが悪いものしか無いんだというくらい酷い画像しかありませんでした(笑)

ほんと一体何があったんでしょう……

とりあえず生体情報は下記の通り


学名:Prosopocoilus faber
和名:ファベールノコギリクワガタ
産地:カメルーン南西州ニャッソッソ(SouthWestRegion/Nyassosso)
サイズ:♂♀free
累代:WILD


まぁファベールとしては特に変わった所もなくいつも通りです

3メスいるので色々試そうと思い、3パターンの状況で組んでみました


Aライン:細ナラ材+君嶋クヌギ材 常温
Bライン:使用材不明 22℃前後
Cライン:植菌カワラ材 21℃前後


Bラインだけセット時のラベルが残っていなかったので使用した材が不明です

くわプラさんのナラ特選材とか君嶋きのこ園さんの材だと思いますが……

マットは全てくわかぶプラネットさんの極スーパークワガタマットを使いました

アフリカンノコギリなのでマットはなんでもいいと思いつつちょっと思うところもあったので


さてさて上記条件でセットを組んだものの、組んだ際の画像も撮っていなかったようです

あまり期待していなかったというのとダメな場合は次々変える予定だったので撮っていなかったんだと思います

まぁ結論から言うと全セットで採れたんですけどね……

全セット早い段階で囓っていてBラインは卵も確認していました





Aライン割り出し


DSC_1837


DSC_1838


DSC_1839_1


唯一オスと同居させて組んだセットです

割り出したのは9月なので全頭3齢になっていましたが7頭獲得

もうちょっといたような気がしないでもないですが記憶が定かではありません

割り出しまでも常温でしたが特に問題なさそうです

アフリカの方が暑いはずなので当然と言えばその通りなのですが……





Bライン割り出し


DSC_2022


Bラインは割りと早い段階でメスがいなくなったのでAラインより少ないですが5頭獲得

1番数が少ないラインになりました





Cラインに関しては幼虫で割り出しませんでした

割り出さなかったというか割り出せなかったというか……

年明けに割り出したら既に全頭蛹になっていました(笑)

冷静に考えれば産卵から半年経っているので当たり前ですね

マットに幼虫が出てこなかったのでいても1,2頭、下手したら坊主もあると考えていたので先延ばしにしていましたが裏目に出ました

トータルで8頭の蛹が出てきたのですが、先に羽化した個体が隣の人工蛹室に侵入して傷つけてしまったようで羽化したのは7頭でした





ということで3ラインの割り出し等々の結果でした

A,Bラインの幼虫は基本的に200ccプリンカップにMDプロEXプレミアムを詰めたものに投入

Bラインのオスを2頭430ccに入れました

Aラインはそのまま冬も常温で管理しました

Cラインとほぼ同様のタイミングで蛹室を作成したようですがこちらは春になるまで羽化はしませんでした

条件によってファベールは常温飼育が可能なようです

もちろん推奨はしませんが……

マットがコバエの襲撃を受けて劣化した影響もあると思いますが、Aラインで羽化して動いているのは3頭のみです

羽化した蛹室でそのまま落ちている個体や蛹化羽化の段階で落ちた個体もいました

ただ、蛹室で落ちた個体はBラインにも存在したのでそこに関しては必ずしも温度の影響とは言い切れません
 





さてさて産卵から羽化までを書きましたがいよいよ羽化した生体のご紹介

Cラインから逆順で行きます




Cライン羽化個体


DSC_2729


DSC_2731


オスは中歯でした

羽化した段階から右前脚が欠損、中後脚も発達不良が見られたのが残念です

Cラインは♂1♀2を残して2ペアは旅立ちました

そちらのオスは小歯でした

そこまで太くないカワラ材に8頭以上いたので栄養が足りなかったようです

その割にはマットに脱出しなかったのはなぜ……




Bライン羽化個体


DSC_2734


DSC_2741


DSC_2744


Bラインのオスは大歯といって差し支えないでしょう

しっかり伸びてこれぞファベールという形をしてくれています

サイズは32mmほど

ペアリングした後とはいえ符節が3本も無くなってボロボロになってしまっているのは何故だろう……

もう1頭大歯のオスがいたのですが蛹室で落ちていました

原因がわかりませんがその辺りを次世代で何か掴めたらなと思います

ちょっと気になるんですけどこのBラインのオスだけ頭楯が違うんですよね

凸みたいな形をしています

あと顎の湾曲が他より強い感

コンゴノコギリだったりするのかなぁ……?なんて思ったりしてます

さすがにサンプルが少なすぎるのと、ファベールノコギリとコンゴノコギリの明確な差異が記載されている文献を見たことがないので何もわかりませんが……

2,3年前にファベールノコギリだと思ってたら有識者からコンゴノコギリの指摘があった、みたいなブログを見た気がするのですが探しても出て来ず

手詰まりなのでとりあえずもう1サイクル回してみます




Aライン羽化個体


DSC_2782


DSC_2784


DSC_2786


DSC_2790


デ、デカい……

オスを取り出したとき思わず言ってしまいました

Bラインのオスでも十分大きいと思っていましたが格が違うと

測ってみると36.2mm

昨年更新されましたが旧ギネスが36.8mmだったので匹敵する大きさです

これが200ccプリカ常温飼育で出てくるとは……

どこかで間違えてれば現ギネス37.8mmも射程圏内だったかもしれないですね

まぁ40mm近くまで出してる方もいるようなので実際にギネスを狙うなら40mmがラインになるとは思いますが

36mmでも大きくて見応えあるのに40mmいったらどうなってしまうんでしょう

少しでも近づけるように頑張りたいです





はい、これでファベールノコギリの一連のサイクルは終了です

全ライン後食開始していて、B,Cラインはペアリングまで済ませているのでしっかり次世代を採りたいところ

ファベールを産卵させる上で大事なのはマットかもしれない、という適当な考察を残しておきます

くわかぶプラネットさんの極スーパークワガタマットはドルクスやラエトゥルスがマット産みすると言われてるマットなので採用してみたところハマったためです

材の樹種等もこだわりがあるように感じませんでしたし2021年との最大の違いはそこくらいかなと

その割には数が採れてないのでまだ何かを外しているのだとは思いますが……

それをWF2で掴めたら最高ですね

ファベールは毎年POBさんに安定して入荷しているので新しい血を入れるのも検討できますしほんと良いクワガタです


それでは今回はこの辺で!



こんにちはトキです

今回はスペンスシカノコギリ原名亜種のお話


スペンスも以前から飼育したい種類でした

実際2021年にWILDが入荷した際には購入しようか悩んだものです

悩んでいるうちに売れてしまったのでその時は諦めましたが、2022年はWILDの♀単品がお求めやすい価格で入荷したので即購入しました


DSC_1844


DSC_1843


DSC_1842


学名:Kirchnerius spencei spencei
和名:スペンスシカノコギリクワガタ原名亜種
産地:中国 雲南省 盈江県 昔馬鎮(Xima Town, Yingjiang Prefecture, Yunnan Province/China)
サイズ:♀25mm
累代:WILD(野外灯火採集)


購入元はいつも通りPLANET OF BEETLEさんです

産地等はPOBさんの販売ページから丸っとコピペしてますが、産地の自治州を割りと省きがちなので厳密には盈江県の前に徳宏タイ族チンポー族自治州が付きます

ちょっと顎先が欠けてますがまぁ許容範囲ということで完品で購入

上翅の艶消しというかザラザラ感がなんとも言えない味を持ってますね

灯火採集ということなので持ち腹に期待して2022年9月18日に早速産卵セットを組みました


DSC_1846


加水した君嶋きのこ園さんの柔らかめのクヌギ材に産卵1番を固詰めした一般的なセットです

ケースはコバエシャッター小を使用しました

特に産卵が難しいわけでも癖があるわけでも無さそうです

だいぶ記憶が怪しいですがマットに産卵しているのを確認したと思います

その後、幼虫もそれなりに見え始めたので安心しきって割り出しを先延ばしにしていました

それがいけなかった……



年が明けて2月頃

そろそろ割り出さないとと思っていたら全頭蛹室を作っていました(笑)

オスは50mmを超える種類なので9ヶ月くらいは幼虫期間があるものと考えていましたが完全に的外れでした

それにしたって9月中旬にセットして孵化したのは10月でしょうから半年も幼虫していません……

3月にはほぼ全てが蛹化し、4月中には全頭羽化してきました

羽化してきたのは全部で12頭で♂6♀6と綺麗に半々に分かれてくれたのが救いです


それでは今回は最大サイズの雌雄をご紹介します



最大♂32mm


DSC_2719


DSC_2718



最大♀30mm


DSC_2716


DSC_2714


メスでっかい……(笑)


幼虫期間からわかる通りオスは全頭短歯でした

短歯でも原名亜種の特徴がしっかり出ているので良いですね

最近はインド産のものをよく見かけますがあちらは恐らく亜種のマンディブラリスなのでご注意を

見分け方としては短歯と長歯でも変わりますが、どちらにも共通しているのが大顎基部の内歯の出かたです




短歯の場合
・原名亜種:先端から続く内歯が一旦途切れてから基部内歯が出る
・マンディブラリス:基部内歯まで途切れることなく地続き


長歯の場合
・原名亜種:大顎基部に目立つ突起(内歯)が出現し、中間内歯が出現しない
・マンディブラリス:大顎基部に目立つ突起(内歯)が出現しないかほぼ目立たず、中間内歯が出現する
※ただし、中歯のような中途半端な個体は原名亜種でも中間内歯が出現する可能性あり


こんな感じです

長歯は画像が無いため文章のみになってしまって申し訳ないです

これを踏まえて見てみると、インド産のスペンスは短歯長歯ともにマンディブラリスの特徴が出ていることがわかると思います

入荷時のラベルミスか何かだと思いますが飼育している方、入手を考えている方は気をつけましょう



ということでスペンスシカノコギリ原名亜種のお話でした

最大のオスが動き出したので意外と休眠は長くなさそう?

休眠ズレする種類かわからないのと寿命がどのくらいかわからないためタイミングが合うメスがいればいいのですが……

のんびり見守るとします

次世代こそ長歯、そして50mm超えを目指します!



それでは今回はこの辺で!



こんにちはトキです

ネプチューン亜種ローチ、俗に言うローチオオカブトが遂に蛹化しました!!

なかなか手が届かない所に配置していたがために放置しすぎていたのですが、先日手前のボトル等を整理していたところオレンジの角を発見

そういえばマット上のヌシになっていたやつがいたなと思い出して確認したところ既に蛹になっていました


それがこちらです!




DSC_2441


DSC_2442


DSC_2443


胸角の先端が少しヨレてしまっていますが基本的には綺麗な弧を描いてよく伸びてくれたと思います

大型カブトの蛹は迫力があって良いですねぇ

ネプチューンは角が長くなるのも相まって本当にカッコ良くて綺麗です



DSC_2445



参考までに体重を量ってみました

ネプチューン蛹の体重を量っている情報が全然見当たらないのでどうなのかはわかりませんが全長は145mmほど

羽化したら120mmそこそこくらいですかね

思ったよりも立派になってくれて嬉しい限りです

このままでは羽化不全になってしまうので人工蛹室を作って格納しました


飼育データ的にはこんな感じになります


2020/7/20 初齢
2020/10/4 30g 2Lブロー(たぶん)
2021/4/23 67g コバシャ小ケース
2021/8/17 75g コバシャ小ケース
2022/1/13 82g コバシャ小ケース
2023/3/11 92g コバシャ小ケース
2023/5/11 81g 蛹確認


最後1年以上放置してしまったのが悔やまれます

安全に行くためにヒナカブトにも対応できると言われている山陽ビートルハイグレードマットを終始使いました

ネプチューンなのでもっと添加の強いマットでも良さそうですし、より大型を目指すなら必須ですかね

ネプチューン原名亜種を飼育したことがないのでわかりませんが21℃前後でこのくらいのサイズなら普通に出るのかな……?

比較的高温でも飼育できると言われるローチが低温だと更に伸びるのかは気になるところです



他も確認してみたところ、1頭のオスを残して全頭蛹化したようです

雌雄の羽化ズレがほぼ無いので次世代ブリードはなんとかなりそうで一安心

ただ、残念ながらもう1頭のオスは窓を作ってバッチリ角曲がりになってました(泣)

僅差ながら最大体重の個体だったのですがやむ無し

というか後から気づきましたがなんでコバシャ小に突っ込んだんでしょうね……

いつ蛹化してもおかしくないのでそれなりのサイズのケースに入れるべきでした



孵化が2020年6〜7月なのでこれから羽化までを考えるとちょうど3年位ですね

やはりローチは長い

ネプチューン的には比較的高めの温度で管理したにも関わらず3年かかる辺りやはり特殊でしょうか

原名にも3年かかる個体はもちろんいると思いますがこの温度で平均が3年は無いのではと

これは割りと明確なベネズエラ産特有の差違になると思います

まぁそもそもローチの羽化報告が少なすぎるのでたまたま偏ってるだけの可能性も否定できませんが……

どちらにせよ成虫の見た目ほぼ変わらない、個体差による所が大きいので亜種分けするほどのものかと言われると、う~ん……

その辺りも含めてローチは動向を見守りたいですね



それでは今回はこの辺で〜



このページのトップヘ