トキのカブクワ飼育記録

こんにちはトキです

今回はタイトルの通り2年かけて羽化してきたサタンオオカブトのお話


2020年8月頃に購入し、ブリードを開始したサタン

11月頃に孵化した幼虫が羽化してきました


♂11月11日羽化

DSC_2136


DSC_2137


DSC_2138


DSC_2139


7/9  55g 2Lブロー
12/23 79g 2Lブロー
11月11日 羽化


蛹室作成していることに気づかず、2Lブロー容器で蛹化・羽化した結果角曲がりになってしまいました

サイズも小ぶりですがそれでもさすがの貫禄です

小ぶりとは書きましたが親に比べて体感小さいというだけで実際に計測はしていませんが……



♀10月上旬羽化


DSC_2131


DSC_2132


DSC_2133


7/9  36g 2Lブロー
12/25 48g 2Lブロー
10月上旬羽化


メスも小ぶりですが不全もなく元気に羽化してきました

上翅の先まで点刻があるので間違いなくサタンであることが確認できます

もうちょっとマットを払ってから撮影するべきでしたね(笑)


2年という歳月をかけただけにとりあえず無事に羽化してくれて一安心です

あと第一陣は羽化しているオスが1頭と蛹のメスが1頭います

それ以外はまだ幼虫をしているのですがまぁサタンとしてはそんなものかなと

ただ問題というか反省点があって、実は今年に入ってからマット交換ができていません

思うように時間が取れず丸1年ほど放置してしまっています

劇的に成長する期間は終わっているとはいえさすがに申し訳ないことをしたなと

なのでまだ幼虫をしている子たちもマット交換をすればスイッチが入って蛹化する個体が出てくるのではないかと思います

逆に1年間同じマットでも無事に羽化まで行く辺りにサタンの強さを思い知りました

温度も20〜22℃で問題ありませんし本当に丈夫で飼育しやすいカブトです

ヘラクレスやネプチューンほどスペースを取らないのもありがたいですね(さすがに2Lブローで羽化はダメですが)


2年という歳月も経ってみればあっという間でした

1年間放置してしまっていることからわかるように気づいたら時間が経っているためあんまり長かったという感覚は無いです

もちろん羽化した子たちで来年もブリードしようと思っているので次も肩肘張らずのんびり飼育していこうと思います



今年はこれが最後の記事になるかもですね

毎年恒例の現在を飼育種羅列をしたいのですが年末になるか年始になるか……

それでは今回はこの辺で!
良いお年を〜

こんにちはトキです

今回は難攻不落ドルクスの一角マクレイコクワのお話です

とはいえ最近は少しずつ産卵報告や羽化報告も増えてきて以前ほどの難攻不落感はなくなりましたね

ブラナウンの方がよっぽど難しいとかなんとか

そんな種類に経験不足の私が挑むのはおこがましいのですが当たって砕けろの精神です


PLANET OF BEETLEさんで5月に入荷したWILDトリオを購入しました


DSC_1621


DSC_1645


DSC_1642


DSC_1650


学名:Dorcus macleayii
和名:マクレイコクワガタ
産地:チベット メトク県(Tibet Autonomous Region Motuo County)
サイズ:♂47mm ♀35mm ♀33mm
累代:WILD(材割採集)


良い色合いしてますねぇ

赤ドンキとはまた違ったオレンジ系の色合いでこれはこれで綺麗です

紅葉みたいな色という表現が個人的にはしっくりきます



なんとなんと産卵していました


DSC_1763


DSC_1764


保湿用に挟んでいたティッシュを埋め込みに使っていたのが印象的でした

もしかしたらそれなりに水分が無いとダメなのかも?なんて思ったり思わなかったり



8月25日には孵化しているのを確認


DSC_1767


種有りも確定しました

この幼虫は潜っていく気配が無かったので後日Eカワラ200ccプリカに移動しました

適応出来るか心配だったので穴を空けたところに産卵1番を敷いて投入

現在も落ちることなく生存しています



産卵していることが確認できたので下手に刺激せずしばらく放置することにしました

見落としがあっても良くないのとせっかく菌床産卵させてるので生かさないとと思いまして……


少し後から幼虫が複数頭見え始めたのでそれはそれは嬉しかったです



11月25日に満を持して割り出しを敢行しました

遅すぎて菌糸が無くなりかけていたのでもっと早くやるべきでした(汗)


DSC_2105


割り出し直前の様子です

側面から3齢幼虫が見えていますね


DSC_2106


このセットからは4頭の幼虫が得られました

少ないながらもマクレイで複数頭確保できれば上々です


DSC_2107


DSC_2108


DSC_2109


DSC_2110


体重はこんな感じで1頭だけ4gで残り3頭は6gでした

卵巣が見えにくいのか全部オスなのかわかりませんが判別に足る材料が無かったので判別はせず、4頭ともEカワラ800ccに投入しました

今のところ潜ってはいるようなので問題なさそうです

あとは落ちずに成長してくれることを祈るのみ



ここまでが第一セットでした

この産卵したメスは8月25日に即時次セットに投入していて、そちらも幼虫が確認できていたのでこのタイミングで割り出すことに


DSC_2111


こちらも割り出し直前です

食痕が走っているのがわかりますね

とはいえ1頭しか確認できておらず、時期的にもう少し様子をみたいなというのが本音でした


DSC_2112


結果としては2齢幼虫が2頭と少し物足りない感はありつつもマクレイで2セット連続で複数産卵が確認できたのは大きな成果です

この段階だと片方には卵巣が見えたので雌雄ペアと判別しました

思いきって800ccに入れるか迷ったのですが200ccが余っていたのと少し懸念点があったのでそちらに投入

こちらも食い進んでいるのが確認できています

懸念点というのは最初に確認した幼虫のことで、実は未だに2齢をしています

同時期に産んでいるであろう他4頭が3齢でそこそこ成長していることを考えると遅いです

早い段階でEカワラに入れてしまったことが原因だと思うので、グリードSLに比べて添加が強いからか粒子が粗いからのどちらかかなと

Eカワラも決して粒子が粗い方では無いですけどね

他種ではあまり気にしていませんでしたが粒子に少しうるさい可能性を考えて今後は様子を見ていきたいと思いました




メスは2セット目に投入後、全く姿を見せなかったので不安でしたが健在でまだまだ元気だったので再セットを組みました


DSC_2113


結構前に購入して置いていたグリードSLです

セットしてみたものの時期的に休眠に入る可能性もあるので様子を見つつ産卵している気配が無ければそのまま常温に移行しようと思います

10度前半でも活動する噂もあるので色々見ていきたいですね

今のところは即穿孔して以降、姿を見せていないのでとても判断に迷います

もう1メスは穿孔すらしていないので産む気があって穿孔した可能性も十分にあるため1月頭くらいまでは様子見でしょうか

さすがに卵や初齢の段階で常温にしてしまうのはリスクが高いので……



ということで難関種マクレイコクワの入手〜割り出しまでの記事でした

ぶっちゃけたまたまメスのスイッチが入ってたまたまグリードSLに産んだ感じなので攻略には程遠いですね

とはいえ20〜22℃で問題なく産卵〜幼虫飼育までできることが分かっただけでも大きな収穫です

あとは無事に羽化まで行ってくれること願います

それでは今回はこの辺で!




こんにちはトキです

今回はムニスゼッチフタマタのお話



2年前に横浜の花屋さんで購入したムニス

少数で細々と幼虫を育てていました

だいぶ記憶が薄れていますが去年に2♀が羽化

時期を絶妙に外して1♂が羽化

更に時期を外して2♀が羽化

といった形で雌雄がニアミスをし続けて累代には至りませんでした

今年の2月に最後のメスが羽化(自力脱出だったかも?)

最後のオスが8月中旬に羽化し、9月下旬に自力脱出してきました


DSC_1871


DSC_1868


DSC_1870


2020/8/26 初齢 800cc クワ貧カワラマット
2021/4/18 10g  800cc クワ貧カワラマット
2021/6/3   12g  1400cc クワ貧カワラマット
2022/8月中旬羽化 72mm


2年かかりましたがそこそこ見れるサイズで羽化してきました

去年のうちに羽化するかなと思ってひたすら放置していたのですが一向に羽化せず、今年気がついたら羽化していた感じです

交換してスイッチを入れてやれば良かったなと思う反面、放置したからこそここまでのサイズになったのかなとも思ったり

クワ貧さんのカワラマットが優秀でハマったのは間違いないですね

添加がほぼ無いor少量で発酵が浅いお陰で全然劣化しないのでなるべく交換したくないクワガタには最適かもしれません

ムニスの結果を見てから他種への使用を検討したかったので今年は購入していませんでした

ギネスを狙うレベルであればひと手間加える必要があるとは思いますが、そのままでも十分に見れるサイズは羽化してくれるので他種にも使っていこうと思います

懸念点があるとすれば少し乾燥しやすいかもしれないことでしょうか

コレに関しては長期間引っ張ったから乾燥していただけな気がするので折を見て加水してあげればいいかなと



さてさて長くなってしまいましたがようやっと最後のオスが羽化してきた時、実はメスがまだ生きていました

結構な長寿だと思います

符節は3本取れ、挟む力も弱くなってはいましたが最後の望みを託しで産卵セットに雌雄入れてみることに……

交尾はできたようでメイトガードが確認できました

材も削っていたようですが埋め戻しのようなものはパッと見た限り確認できず

その後数日で落ちてしまいました

恐らく産んでないと思いますが最後に夢を見せてくれただけでもありがたいことです



とはいえこのままでは累代の危機には変わり無いのでメスを購入したいと

ちょうど今日の横浜KUWATAでWild Villageさんがメス単を出すようなので狙います

おあつらえ向きにミラビリスノコギリのメス単も出すようなのでそちらも狙います(笑)

更にまだ記事にしてないですが幼虫で買ったウーコクワが全部メスだったので成虫ペアも狙います(笑)


無事に購入できたらどういう形かはわかりませんが記事にする予定です

ムニスは(メルキもですが)本当にカッコ良いです

個人的に思い入れも強いので続けていきたいなと思います



それでは今回はこの辺で!




このページのトップヘ